運転免許をどこで取るか

運転免許を取る時、多くの方は教習所に通うと思います。ですが、教習所の中にも通学するタイプと、合宿するタイプの2種類があります。それぞれにメリットやデメリットがあるので、比較をしていきたいと思います。

教習所はどっちがおすすめ?通学タイプと合宿タイプの比較

通学タイプ

通学タイプの教習所は、合宿タイプに比べると、卒業するまでの期間が長くなります。また、料金も少しだけ高くなっています。ですが、自宅を離れないで済むので、仕事や学校に行きながら教習所に通うことが可能です。

合宿タイプ

合宿タイプの教習所は、用意された寮などに、卒業まで泊まりながら学科や実技を行います。一日に受けるコマ数をほとんど教習所が決めているので、無駄のないスケジュールになっています。費用が安く、すぐに卒業できるという大きなメリットがありますが、卒業まで泊まり込みになるので、まとまった休みが必要になります。

合宿免許って何?普通の教習所との違いを知ろう

コース

合宿免許には保証が選べる

合宿免許は、通学タイプの教習所とは違い、保証が付いているプランがあります。免許の保証とは、もし実技や筆記試験に落ちてしまっても、追加授業が無料で受けられるというものです。運転に対して苦手意識がある方は、利用してみてもいいかもしれません。この時に注意してほしいのが、追加授業は無料でも、宿代が発生する場合もあるのでよく確認しておきましょう。

観光しながら通える

免許合宿がある地域は、観光地であることが多いです。周りが自然に囲まれているような場所から、目の間に海が広がっているような場所までさまざまです。友達同士や、教習所で仲良くなった人達と、空いた日に遊びにいくこともできます。免許のためにしている合宿を、まるで修学旅行のように過ごすことも可能でしょう。

いろいろな免許が取れる

最近では、さまざまな免許が合宿で取れるようになっています。普通運転免許だけでなく、二種運転免許や二輪運転免許、珍しいものでは船舶免許なども取ることができます。また、さいたま市などいろいろな地域に合宿免許の教習所はあるので、自分が通いたい場所へ行くこともできます。ここからは、実際に合宿免許へ行く時の流れを解説していきます。

合宿免許に通って免許取得するまでの流れ

申し込み

教習所への申し込みを行います。基本的に書類の記入などは、教習所で行います。ですが、教習所の料金は前払いになっています。ローンなどを組まない場合は、先に費用を振り込みます。振り込みが完了したら、教習所へ向かいます。

教習所到着

教習所に到着したら、まず必要書類の記入や、提出書類を渡します。その後、入学式などを行います。終わると施設の説明や寮の案内をされます。一日目はこんな感じで終わりますが、翌日からは朝から晩まで教習生活が始まります。

卒業

全ての授業が終わると、卒業検定を受けます。卒業検定に合格することで、晴れて卒業となります。ですが、教習所を卒業してもまだ免許は貰えません。卒業後に免許センターで行われる筆記試験に合格することで、免許証が交付されます。

[PR]
免許合宿のプランを選ぼう
楽しみながら免許が取れる♪

広告募集中